モバイル決済アプリの「Moca」で、プリペイドSIMのチャージをやってみた

2019年3月2日

moca_payment

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 49 秒です。

本記事はこんな方にオススメです。
1.「Moca」はインストールしてるけど使ってない方
2.プリペイドSIMのチャージが面倒な方

こんばんわ。
気づけば、1月も残り3分の1を切り、
いよいよテトに向けた準備が本格化している
ホーチミンからお届けします。

今回は、少し短めですがお付き合いください。
以前、当ブログでも紹介したモバイル決済アプリの
「Moca」というアプリがありますが、
そのアプリでプリペイドSIMのチャージを
やってみた話を書いていきます。

そもそも「Moca」とは?

「Moca」は、ベトナム国内で使用できる
QRコード決済アプリの一つになります。
詳細は、以下の記事をご覧下さい。

https://yamalifeblog.com/post-182

簡単に言えば、昨今日本で流行ったPayPayと同じような
アプリです。

オンライン銀行の「Timo」が対応しているのが「Moca」だけ

私が先日開設した「Timo」というオンライン銀行が
ありますが、その銀行との連携に対応しているのが
現状「Moca」のみとなります。

「Timo」については、こちらの記事を参照ください。

https://yamalifeblog.com/post-419

「Momo」や「Zalo Pay」は、まだ対応されて
いませんが、是非対応してほしいところです。

プリペイドSIMへのチャージ手順

前置きが長くなりましたが、ここから
プリペイドSIMへのチャージ手順の説明になります。

なお、予め引き落とし口座を設定した状態であることが
前提となります。

Buy phone cardを選択

moca1

Utillityタブメニューを開き、「Buy phone card」を選択します。

キャリア、チャージ金額を選択

moca2

自分が使用しているプリペイドSIMのキャリア、
金額を選択します。
上記では、キャリアはVinaphone、金額は2万ドンを選択しています。

決済金額の確認

moca3

次は、決済金額の確認になります。
2万ドンを選択しましたが、400ドン程安くなります。
普通にスクラッチのカードや、コンビニ等で
買うよりかお得です^^

暗証番号の入力

moca4

次は、暗証番号の入力になります。
ここで入力する暗証番号は、連携させている口座や
カードを使う時の暗証番号になります。

チャージ用の番号を確認

moca5

決済が完了すると、上記の画面になります。
「card number」というのが、チャージ用の
番号となるため、後は普通に各キャリア毎の
チャージ手順に従い番号を入力、チャージするだけです。

オンラインで全て出来るので覚えておいて損なし

以上で、Mocaを利用したプリペイドSIMの
チャージ手順の説明が終わりですが、
如何でしたでしょうか?

今までは、そこら辺のお店でスクラッチカードを
買うか、コンビニ等で買うかだったのが
全てオンラインで完結できるのは、非常に楽になります。

「Timo」を開設した方は、簡単に登録、利用できるため
是非活用してみてください。

では、今回はこれで。
次回もお楽しみに!