財布を落としたときにやること

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 46 秒です。

こんばんわ。Yamaです。

普段見ていただいている方はお気づきかと思いますが、サイトのデザインを一新しました!
以前よりシンプルになり、より見やすくなったのではないかと思います。

また少しずつ手を加えて行きたいと思いますので、コメント等で感想をいただけると嬉しいです。

さて、今回は財布を落としたときにやることを書いていきたいと思います。
先日、うちの妻が財布を落とし大騒ぎしたということがあったので、その備忘録も兼ねて書いていきます。
(殆ど当たり前のことだと思いますが)

ちなみに、財布自体は後日見つかったのであくまでネット等で調べたことをまとめたものがほとんどとなります。

まずは警察に届け出


当たり前ではありますが、これ意外に大事です。

最寄りの交番や警察署に行き、財布を落とした旨を伝えると財布の特徴、中にはいっていたもの、現金がいくら入っている等色々聞かれますが、その後に遺失物の届け出証明という感じの小さい紙をもらえます。(写真撮り忘れてたので、手元になく申し訳ないです。。。)

それがないと、後述する在留カードの再発行の時等に困ることになるため、意外に警察への届け出というのは重要です。

余程の田舎でない限りは、近くに交番等あるとは思うので、財布を落とした場合はすぐに届け出るようにしましょう。

在留カードの再発行

妻が落とした財布には、運悪く妻の在留カードも入っていました。
幸いにも、再発行をする前に財布は見つかり、在留カードも無事だったので良かったのですが、一応在留カードの再発行について触れておきます。

在留カードを紛失した場合の手続きは、以下のページに説明があります。

紛失等による在留カードの再交付申請

住んでいる所の近くにある、地方出入国在留管理官署に出向かないといけないため、面倒は面倒ですが手数料は無料で、基本即日発行なのが助かりますね。

私の場合は、たまたま宮崎駅の近くに福岡の地方出入国在留管理官署の宮崎出張所があったので、そこに行こうかと考えていました。

上記ページの必要書類の中にありますが、「所持を失ったことを証する資料」というものが必要で、ここで警察に届け出した際にもらった、遺失物の届け出証明が必要になります。(なくても理由書を作れば良いみたいですが、多分面倒かなと。。。)

いずれにしても、失くしたら色々大変なのでお持ちの方はご注意を。

保険証の再発行

保険証については、国民健康保険なのか社会保険の健康保険なのか等で色々変わるので細かい説明はしないですが、私の場合は妻は私の扶養で入っていたので、社会保険の健康保険に該当します。

基本的には、会社の健康保険組合があると思うので、保険証の再発行申請を会社経由で健保に出す形になるんじゃないかと思います。

ちなみに、今回の場合再発行手数料で1,000円かかるっぽかったです。(申請する前に財布が見つかったので事なきを得ました。)

イオン銀行のカード再発行

カード再発行(イオン銀行)

イオン銀行は、インターネットバンキングからカードの再発行手続きは簡単にできます。 ただ、カードの停止とかそういう事ができず、ただ再発行しか出来ないのがちょっとなぁ。。。と言うところですかね。

おかげで、見つかった財布の中にあったカードは使用できず、未だに再発行されたカードは届かずで若干困ったことになってます。

ゆうちょ銀行のカード停止、再発行(または停止解除)

カードや通帳等の紛失・盗難-ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行の場合、カードの停止は電話で行うことになります。 電話自体は、フリーダイヤルでコールセンターに繋がり、オペレータの方で停止操作を行うという感じでした。

カードの再発行、若しくはカードが見つかった場合に停止解除を行うことが出来ますが、何れも窓口に行かないといけないのが若干面倒というところですかね。

ちなみに、ゆうちょ銀行は窓口が16時で閉まるそうなので、要注意です>_<

財布落とすと面倒・・・

以上が、財布を落としたときにやることですが、色々とめんどうなことばっかですね。

財布もそうですが、大切なものを落とした時はショックも大きく、大変なことばかりなので普段から落とし物をしないように気をつけたいものですね。

では、今回はこれで。
次回もお楽しみに!

雑記

Posted by Yama