ベトナムでの新型コロナウィルス(COVID-19)の対応について思うこと色々

ベトナム生活

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 23 秒です。

こんにちは。Yamaです。
今回は、新型コロナウィルス(COVID-19)の話です。

日本では、先週の東京での感染をきっかけに、全国に広がりつつある感じですが
ベトナムではどうなのかというところを書いていければと思います。

結論から言ってしまえば、恐らく今の日本よりもベトナムの方が余程安全じゃないかと
言うのが正直な所ではあります。
なぜ、そう言い切れるのかというところを見ていきましょう。

マスクの在庫不足は一時的

新型コロナウィルスが、中国で流行し始めた頃、ベトナムでも一時的にマスクがどこも
売り切れになるぐらい、マスクを買い求める人が多かったです。
特に、子供用の小さいマスクとかは探すのに苦労していました。

日本では、今も結構品切れの所が多く、花粉症の人が苦労していると先日顧客と
話していた時に話題になりましたが、ベトナムでは今の所在庫は落ち着いている状況ですね。

また、普段からバイクに乗る人とかは布マスクも持っているので、そういったマスクを
付けている人もたまに見かけます。

国民の団結力がすごい

流行が始まった時からですが、ベトナム全体のマスクの着用率がすごかったです。
ホーチミン市内だけで見ても、8割9割ぐらいはほぼ常時マスク付けてたんじゃないですかね。

バイクに乗っているときとかは当たり前ですが、スーパーでの買い物や、子供の遊び場
等でも、大人から子供までマスクを付けている人が大半だったのには驚きでした。

それだけ、国民全体が自己防衛をするという意識を持っていたので、新型コロナウィルスの
拡大も最小限に抑えられているのかなという感じがします。

オフィスビルや、人が多く集まる所では当たり前のように検温を実施していたり、
アルコール消毒を入口で必ず実施する等徹底されていたのもすごいなと思います。

しかし、仮に検温で引っかかった場合どうなるのかは、気になるところ。。。

教育機関を一ヶ月休みにするのは、ちょっとやりすぎでは。。。

ベトナムに居て、一番驚いたのは教育機関が全て休みになったことですね。
子供を守るために、一番有効であり、一番取り組みに対して賛否両論になるところだと
思うので、日本人からすればすごいと思いました。

しかも、一週間とかじゃなくて一ヶ月ですからね。。。
(もしかしたら、3月末まで休みになる可能性があるので、そうなると二ヶ月ですが)

日本でも、北海道で子供の感染例が出て、ようやく休校にしたほうが良いんじゃないと
言うような話が出てきていますが、他の国からすれば時既に遅しという
感じに思われているような気もします。

しかし、感染を食い止める意味では良いとしても、夫婦と子供だけで、夫婦が共働きの
世帯等にとっては地味に辛いんですよね。。。
学校や幼稚園が休みということは、子供の面倒を誰が見るのかということになり、
結局夫婦のどちらかが仕事を休むか、実家に子供を預けるかになってしまいますし。

日本では、共働き夫婦が結構いると思うので、そういう面でもなかなか踏み切れない
事情があるのかなと思います。

日本より安全なのは確かかも

色々書きましたが、今のベトナムは日本に比べれば安全じゃないかと思います。

先週の東京での感染例が出てから、一気に広がると思っていましたが、北は北海道、
南は九州熊本まで一週間で広まってますからね。。。
東京周辺だけで広まるかと思っていただけに、全国で広まったのは驚きでした。

それだけ、今回の新型コロナウィルスの感染力は強力であり、どこから感染したのかが
段々つかめなくなってきている日本のニュースを見ていると、気が気でないです。

愛知や熊本には友人が居ますし、東京周辺にも昔の仕事仲間、家族も九州にいるので、
早く収束してほしいものです。

ベトナムにお住まいの方は、引き続きマスク着用、手洗い等の徹底を。
日本にお住まいの方は、いつどこで感染してもおかしくないという気持ちで、
対策に臨んでください。

では、今回はこれで。
次回もお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました