スマホのOSをXiaomi.euに入れ替えてみた(MIUI12版)

雑記

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 20 秒です。

こんにちは。Yamaです。

今月は全然ブログを書けていませんが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

ここ最近は、スマホのカスタムROM化について調べたり、検証していたため、すっかりブログ更新が滞ってしまっていました。

で、数日前にようやく成功したので今回はカスタムROMを使用した感想を書いていきたいと思います。

ベースは、MIUIの中国版

Xiaomi.euは、MIUIの中国版をベースにしたカスタムROMになります。

Xiaomi European Community
MIUI ROM Global Language creators since 2010 providing support for Xiaomi MIUI and Mi Home products

Xiaomiのスマホユーザの間では、比較的認知度が高いカスタムROMのため知っている方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、カスタムROMですが欧米の方では公式と同じような扱いになってるそうです。

機能自体は、MIUIと同様ですがXiaomiのアプリで表示される広告が削除されていたり、グローバル版では削除されている機能が入っていたりするそうです。
(広告が削除されている以外の違いは、あまりわかりませんが^^;)

グローバル版のMIUIに比べると、日本語未翻訳の箇所が多い

Xiaomiのスマホを使用している方は分かると思いますが、比較的グローバル版のMIUIの日本語翻訳はしっかり出来ていると思います。(日本語が怪しい箇所はたまに見られますが)

しかし、Xiaomi.euの場合一応日本語は選択できますが、所々未翻訳となっており英語になっているところが見られます。

ただ、基本的なところは翻訳されているためよほど困ることはないと思います。

広告が表示されないため快適

Xiaomiのアプリ自体、そんなに使う機会はありませんが広告が表示されないため、使い勝手は非常に良いです。

公式版の方でも、そんなにじゃまにならない頻度で表示はされますが、やっぱりないほうがいいです^^;

テーマストアは中国版なので若干見づらい

グローバル版の場合、テーマストアは英語になっているため分かりやすいのですが、Xiaomi.euでは中国語のままになっているため、若干分かりづらい感はあります。

ただ、公開されているテーマもグローバル版のものとは異なるようで、それはそれで新鮮味があり面白いです。

フローティングウィンドウは使い方次第では便利?

フローティングウィンドウは、MIUI12で新しく実装された機能です。

名前からして分かりづらいですが、アプリを小さい画面で表示しつつ、別のアプリを動かせる機能です。
画面分割とよく似ていますが、フローティングウィンドウの場合はサイズの調整が自由にできたり、位置を自由に動かせたりできるのが特徴です。

チャットアプリとかを表示しながら、別のことをやるとかで役に立ちそうな気はしますが、積極的に使うかというと微妙なところですかね^^;

カメラアプリに不具合有り

これは、致命的ではないのですがカメラアプリには不具合があります。

動画を撮っている時に、写真を取る機能があるのですがその機能を使用すると、写真が若干暗いというか、色が少なくなってしまう感じに撮れてしまいます。

他のカメラアプリでは問題ないため、アプリ側の不具合だと思いますが早めに修正してほしい不具合ではあります。

導入は大変だけど、入れ替える価値はあり

というわけで、Xiaomi.euやMIUI12の話をしてきましたが如何でしたでしょうか?

Xiaomi.euは導入は大変ですが、入れ替える価値は十分あるカスタムROMだと思います。

ちなみに、当ブログでは特に導入手順は紹介しない予定です。
機種によってもやり方が異なる上に、失敗した場合のリカバリ方法も色々あり、責任を負えないためです。

私も、ちゃんと導入できるまでに10回以上スマホを壊しかけたので、リスクも必要です。

やり方を覚えてしまえば簡単ですが、やる場合は自己責任でやりましょう。

では、今回はこれで。
次回もお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました